当サイトはアフェリエイト広告を利用しています

シンガポール|4泊5日 海外でワーケーションをやってみた(シティライフ編)

Garden by the bay ∎海外旅行記

~ 海外で生活するように一人旅をしてみる。初めてのシンガポールで、多国籍文化が入り混じるシティライフを満喫するプランの実践レポート!

私が以前勤めていた英会話スクールで好評だった「社会人の1週間語学留学コース」。午前中は英語を学び、午後は観光と、どちらも体験できるとってもおいしいプランです。

今回、〈語学留学〉を〈仕事〉に置き換えて、海外で1週間のワーケーションをやってみようと思い立ちました。選んだ行先はシンガポールです!

観光旅行では味わえない達成感や充実感を得ることができたので、その様子とスケジュールをレポートします。

ワーケーションのポイント

今回のワーケーションでは、以下の3つのポイントを押さえてスケジュールを組みました。

✅スケジュールに余裕を持たせて、予定を詰め込み過ぎない
✅仕事する時間を決めて、メリハリをつけておく
✅地域活性化に貢献する(無駄遣いはしないが、ケチケチしない)

■出発前に、シンガポール滞在の必須アイテムを準備する
MRTやバスで使える EZ-Linkカード を購入する
シンガポールで使える eSIM を予約する

モデルプラン

5日間のスケジュール

DAY1
DAY2
  • ホーカーズで庶民グルメに挑戦

    シンガポール市街に数多くある屋台村のようなフードコート。朝からオープンしている店も多く、色々なローカルフードを庶民価格で楽しめます。

  • 午前
    リモートワーク

  • 午後
    マーライオンパークを散策

    シンガポールに来たなら、マーライオン像との記念写真は必須!裏手の公園にはミニマーライオン像もいますよ。

  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで空中散歩

    まるで未来空間のようなスーパーツリー・グローブ。空中に浮かぶ遊歩道はスリル満点です。
    ガーデンズ バイ ザ ベイ 入場チケット予約

    シンガポールナイトショー鑑賞ツアー

  • 夕食・夜
    マリーナベイ・サンズを攻略する

    広大なショッピングモールや展望デッキ、カジノまで揃う複合施設。夕食を楽しんだ後は、幻想的なライト&ウォーターショー(スペクトラ)を鑑賞。

DAY3
  • 朝ごはんには海南鶏飯(チキンライス)

    シンガポールのソウルフード。茹で鶏と焼き鶏の種類があります。甘い醤油、生姜、チリの3種類のタレから自分好みの味を見つけてみよう。

  • 午前
    リモートワーク

  • 午後
    チャイナタウンを街歩き

    アジアの活気を感じられるチャイナタウンを散策。新旧あらゆるものがごちゃ混ぜな雰囲気を楽しみます。昼食はホーカーセンターがおすすめ。

  • 仏牙寺龍華院を見学

    英名はブッダ・トゥース・レリック寺院。黄金に輝く巨大な弥勒菩薩像と、左右の壁を埋め尽くす数えきれないほどの仏像群に圧倒されます。

  • 夕食
    絶対食べておきたいチリクラブ

    シンガポールの名物料理チリクラブは絶対に食べたい料理。カニの身はもちろん、付け合わせのマントウをチリソースにつけて食べると絶品です。

DAY4
  • 肉骨茶でエネルギーチャージ

    シンガポールで朝食としても人気の肉骨茶(バクテー)。煮込まれた骨付き豚肉と、ニンニク・胡椒の効いたスープはやみつきになること間違いなし。

  • 午前
    リモートワーク
  • 午後
    アラブストリート&ハジレーンを散策

    エキゾチックな雰囲気が漂うアラブストリート。サルタンモスクを見学して、ハジレーンを散策。疲れたらトルコスタイルのカフェで一休み。

  • 夕食
    リトルインディアでカレーディナー

    本当にインドに来たかようなリトルインディア。有名店には何十種類ものカレーが並んでいます。複数人ならフィッシュヘッドカレーもおすすめ。

  • リバークルーズ&クラークキー

    バーやレストランが立ち並ぶシンガポール川沿いのクラーク・キーから、リバークルーズに乗船。
    シンガポールリバークルーズを見る

DAY5

その他のプラン

シンガポールでワーケーションをする4泊5日のモデルコースを紹介しましたが、シンガポールの滞在では、まだまだ訪れたいスポットがたくさんあります。

シンガポールを遊びつくすプラン
セントーサ島、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール、ウォーターパークなど

シンガポールで自然や動物に親しむプラン
シンガポール動物園ナイトサファリ、シンガポール植物園、リバーワンダーなど

今回とはまた違ったテーマを決めて、シンガポールでのワーケーションにチャレンジしてみたいと思っています。

【KKday】【KLOOK】で、レンタルWi-FiやeSIMの予約、観光スポットの割引チケットなどを購入できるので、ぜひ活用してみてください。

シンガポールのワーケーションで気をつけること

入国目的・ビザ
海外でワーケーションするときの入国目的は「観光」もしくは「休暇」です(シンガポールで就労して給与を貰うわけではない)。日本国籍の場合、30日以内の滞在はビザの申請は必要ありません。但し、パスポートの残存有効期間が最低6ヶ月必要です。

気候・服装
暑いです(笑)。シンガポールには四季がなく、年間の平均気温は26〜27度。日焼け止めクリームは必須です。11〜2月は雨季、3〜10月は乾季ですが、スコールが毎日のようにあります。建物内は冷房がガンガンに効いているところもあるので、雨除けにもなるフード付きのパーカーを持ち歩いておくと良いです。

嗜好品
シンガポールは、チューインガム、電子・加熱式タバコは違法にあたるため、使用も持ち込みも禁止です。日本製の紙巻きタバコは条件を満たしていないので、持ち込み禁止です。
(参考)旅行者用 通関 案内書
シンガポールで喫煙できる紙巻きタバコは、シンガポール国内のコンビニなどで購入できます。ホテルやレストランなど屋内は全面禁煙ですが、屋外では建物の入口付近を除いてほぼ喫煙可能です。

Wi-Fi、セキュリティなど
PCで仕事をする際に、ホテルのWiーFiが問題なく使えることが大前提です。万が一、通信環境が良くない場合のために、レンタルWi-Fiをしておくと安心です。観光で外出する際にも使えます。インターネットのセキュリティー面や条件については会社に確認しておきましょう。

航空券+ホテルのお得な予約方法

1人で渡航する場合、航空券とホテルをセットで購入すると、お得になるプランが多数あります。貯まったマイルを使うなどする場合、航空券とホテルを別々に取る方法もあります。

 ⚠️海外航空券の予約の際には空港利用税や燃油サーチャージ、海外ホテルの予約の際にはサービス料や税金が、含まれている料金か別途かを確認しましょう。

〈エアトリ〉早割はこちら!
〈Expedia〉航空券とホテルをチェック
〈楽天トラベル〉ホテル・ツアーを探す

まとめ

海外で午前中はテレワークをして、午後は観光を楽しむという、生活するように旅をするワーケーションをしてみました。

シンガポールは日本との時差が1時間しかないので、時差ボケもなくワーケーションを楽しめるのが良いところ。

午前中で仕事を終えたらランチタイムですが、「そういえば、ここシンガポールだった!」という感覚がちょっとおもしろかったです。

シンガポールは治安も良く、日本でよく見かける飲食店や小売店も進出しています。また、アジア人が多いので、欧米で感じるようなアウェイ感もなく、安心して過ごせるのも魅力の1つだと感じました。

物価が高いというイメージがありますが、ホーカーズをうまく利用すると、1,000円以下でお腹いっぱいになります。

旅行とは少し違って、海外で生活サイクルを擬似体験できるワーケーション。3連休をうまく使えば、3~4日有休をとるだけで1週間の滞在が可能ですから、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

これからの働き方や、シンガポール旅行の参考になれば嬉しいです。

航空券・ホテル・ツアーの予約

■ 空港からホテル・自宅まで直行したい方は、24時間OKの送迎サービスが便利です。
チャンギ空港〜市内|空港送迎サービス
成田空港〜東京・ 横浜|貸切チャーター車空港送迎サービス

シンガポールでおすすめのお土産

「TWG の人気No.1 ブラックティー」
シンガポールの高級紅茶ブランド「TWG」の「1837 Black Tea」は、珍しいフルーツや花々をブレンドしたオリジナルブレンドティー。お土産で喜ばれること間違いなしです!

 

タイトルとURLをコピーしました